0587-56-3532

〒483-8212
愛知県江南市古知野町瑞穂34

愛知県江南市の内科|循環器科|小児科のことなら三ツ口医院へ。名鉄江南駅から徒歩1分。夜20時まで診療いたします。

愛知県江南市の内科|循環器科|小児科のことなら三ツ口医院へ。名鉄江南駅から徒歩1分。夜20時まで診療いたします。

HOMEお知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内初診の方へ診療案内

院長ブログ

携帯電話からも三ツ口医院の情報をご覧いただけます。
右記のQRコードをご利用ください。


http://www.mitsuguchi.com/

HOME»  院長ブログ
HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  第12回 過敏性腸症候群~つらいですよね~

第12回 過敏性腸症候群~つらいですよね~

第12回 過敏性腸症候群~つらいですよね~

前回はストレスに関係した五月病のお話でしたが、もう一つストレスで起こる病気の話です。

過敏性腸症候群、聞いたことありますかね、Irritable Bowel Syndrome (IBS)ともよばれる病気ですが、朝、会社に行こうとすると、通勤の途中で急に腹痛や便意を催し、途中下車したり、コンビニに駆け込んだりしないといけなくなるというもので、休みの日、会社に行かない日には症状が現れません。文明社会、ストレス社会になって増えてきた病気で、環境の変化、つらい出来事、人間関係の悪化、悩み、過度の緊張などがストレスとなって、大腸の動きをコントロールする自律神経の働きがおかしくなって症状が出ます。

病院で検査をしても異常は出ません。下痢だけでなく便秘になる人、下痢と便秘を繰り返す人などがいます。会社に行く時ばかりでなく、会議の前、試験の前、人前に出るなどストレスがかかると症状が現れます。本人にとっては症状がきついだけでなく、時間に間に合わなくなる、仕事に失敗するなど社会的に支障が出ることも多く、つらい病気だといえるでしょう。

治療には症状に合わせて様々な薬を組み合わせて使います。近年、この病気のための新しい薬も開発されていますので、お悩みの方はご相談ください。

2014-06-04 20:01:00

院長ブログ

 
PAGE TOP