0587-56-3532

〒483-8212
愛知県江南市古知野町瑞穂34

愛知県江南市の内科|循環器科|小児科のことなら三ツ口医院へ。名鉄江南駅から徒歩1分。夜20時まで診療いたします。

愛知県江南市の内科|循環器科|小児科のことなら三ツ口医院へ。名鉄江南駅から徒歩1分。夜20時まで診療いたします。

HOMEお知らせ医師のご紹介当院のご案内交通案内初診の方へ診療案内

院長ブログ

携帯電話からも三ツ口医院の情報をご覧いただけます。
右記のQRコードをご利用ください。


http://www.mitsuguchi.com/

HOME»  院長ブログ
HOME»  院長ブログ»  院長ブログ»  第16回  スギ花粉症の舌下免疫療法について

第16回  スギ花粉症の舌下免疫療法について

第16回  スギ花粉症の舌下免疫療法について

前回お知らせした、スギ花粉症の舌下免疫療法について、追加します。

この治療は、スギ花粉の飛散中は、新規に治療開始することができません。飛散期は花粉によって粘膜が敏感になっていると考えられ、アレルギー反応が強く出る可能性があるためです。なので、スギ花粉が飛ばなくなった6月から12月までの間が治療を開始できる期間となります。もちろん、いったん治療を始めれば次のスギのシーズン中は治療を継続してかまいません。最初のシーズンから効果があらわれる方もあると思います。

2年間の治療で効果は約30%の人が完治、つまり薬を飲まなくても症状が出なくなり、50%の人が改善、すなわち症状が軽くなったとされています。残念ながら20%の方はあまり変わらなかったとされていて、有効率は80%ほどのようです。
気になる治療費ですが、初回はアレルゲンを確認するために血液検査をしますので3割負担で5~6000円ほど、その後は月2000円ほどになると思います。

この治療をとくにおすすめするのは、妊娠を希望する女性の方と、受験を控えた中高生です。妊娠中はできれば薬を飲みたくないので、花粉のシーズン中、症状をがまんすることになりますし、受験のシーズンに症状のため勉強やテストに集中できなかったり薬で眠くなったりしますので、症状が出なくなることが特に期待されると思います。もちろんそれ以外の方でも薬に頼ることに抵抗がある、薬の副作用が気になるという方々にもおすすめです。

6月に入った今、治療開始の時が来ましたので、お悩みの方はご相談ください。

2015-06-17 20:13:00

院長ブログ

 
PAGE TOP